アルマデル 龍騎姫の聖地 古の秘海

パズル&クロネス

【古の秘海】フレンド以外は無課金の周回PT考案【龍騎姫の聖地】

読了までの目安時間:約 5分

 

 

イベントが落ち着き、
やることが少ない今日この頃。

こんな時、
「あ、そういえば」
と思い出して周りそうな場所。

ということで今回は
「龍騎姫の聖地 古の秘海」
目的は孫権のスキル上げ。

フレンド以外無課金の
安定度80%周回です。

スポンサーリンク

PT構成

01海の龍騎姫(アルマデル)

 今回のリーダーは「アルマデル」

グリモワール降臨のボスですね。

サブは変換要員として、
クーフーリンとエンシェントドラゴンナイト。

エンシェントは育成してませんが、
ちゃっかりスキルマにはなってますw

オーガはB5のケルピー専用、
天狗はスキルブースト要員です。

メンバーの代案は、
この記事の終わり際に書きますので
そこだけ見たい方は目次をご利用ください。

立ち回りは多少端折って、
必要そうなとこだけ説明します。

では、さっそく行きましょう。

B3「炎のアイスオーガ、樹のアイスオーガ」

02海の龍騎姫(アルマデル)B3

 ここは中ボス扱いだと思いますが、
敵のターン数が多いので
落ち着いて倒しましょう。

木の4つ消しを含めれば、
意外と簡単にワンパンできます。

むしろスキルが溜まらなそうなら、
ここで少し溜めても良いかと。

B5「湖の幻馬・ケルピー、ウォーロン×2」

03海の龍騎姫(アルマデル)B5

 ここで専用のオーガを使います。

ケルピーの攻撃は痛いので、
何かされる前に倒そう、という感じでした。

しかし、冷静に考えたら
わざわざオーガを入れる必要はありませんでしたねw

木を作れるキャラがいるなら、
そちらを入れたほうが良さそうです。

ただ、スキブが2つ付いてるので、
周回を考えると、そこが意外と大事かも?

B6「ビーストライダー・マーリン」

04海の龍騎姫(アルマデル)B6

 ヴェルダンディを使用しました。

当初の予定では、
ボスで変換をすべて使い、
花火でワンパンするつもりでした。

しかし、ここのライダー、
さすがに変換無しで倒すのは、
事故の元になりそうなので止めました。

木の4つ消しを2コンボ、
くらいでワンパンできるのですが、
それ以下だとコンボ数が必要になります。

HP50%以下になると
溜めからの「10,620」ダメージですが、
2発は食らえるので冷静に。

変換を使えば楽に倒せますが、
ボスで使う変換が減るので
あまりオススメはしません。

安全面を重視するのであれば、
開幕で変換を使わず、
少し削ってからヴェルを使いましょう。

回復しながら攻撃できるのと、
中途半端に削って泣く回数が減ります。

B7「秘海の龍騎姫・クレオパトラ」

05海の龍騎姫(アルマデル)B7

 天狗以外のスキルを全使用。

バラしづらい盤面になりますが、
最低でも1つは、
木の4つ消しを作りましょう。

微妙な消し方をすると
倒しきれないこともありますが、
敵の次の行動は溜めです。

1ターン猶予がありますので、
落ち着いてパズルをして倒しましょう。

メンバー代案

 さて、ここからはPTのお話。

今回は無課金重視で組みましたが、
当然、課金キャラをお持ちであれば、
そちらを入れたほうが良いです。

一番理想的なキャラは「劉備」

その他に変換で使えそうなキャラは

佐助、ペルセウス、アスタロト、
アルテミス、メイメイ、マリンライダーなど。

木を作れるキャラであれば、
誰を使っても今回のPTよりは、
間違いなく強いと思います。

ペルセウスかヴェルダンディ、
どちらかを自分でお持ちの場合、
むしろリーダーにするのもアリです。

ペルセ×ヴェルで組むと、
火力が大きく上昇し、
ボスのワンパンが楽になります。

その代わり、
しっかり変換を詰めないと
道中のパズルがメンドウです。

最後に

 以前、炎の龍騎姫の記事を書きましたが、
その記事はあまり攻略していませんでした。

しかし、龍騎姫の聖地に関して、
意外と周回PTを探している方が多かったので、
少し真面目に考え直すことにしました。

龍騎姫の聖地の敵は、
基本的にHPが低めです。

なので弱点属性でPTを組むと、
育っていないキャラがいても
割と楽にクリアすることが可能です。

アテナPTとかでも良いのですが、
気分転換も兼ねてボックスを眺め、
普段と違ったPTを考えてみてはいかがでしょう?

といったところで今回はここまで。
それでは、また次回( ´ー`)ノ

最後までご覧いただきありがとうございました!

↓は記事更新の励みになる
私の「やる気スイッチ」です。

※1日1回ポチっていただければ、
画面の向こうで私がガッツポーズします。

↓よろしければ他の記事もご覧ください!

 

スポンサーリンク/ブログ内記事

 

タグ :

テクニカルダンジョン    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed