覚醒ホルス ソニア=グラン降臨

パズル&クロネス

【ソニア=グラン降臨!】覚醒ホルスパで周回!

読了までの目安時間:約 9分

 

 

 数ある降臨の中でも超高難易度のソニア=グラン降臨。
今まで周回するのが辛過ぎてスキル上げをしていませんでしたが、
さすがにそろそろやろう、と思い実行。

私の手持ちだと単色パでは安定しなかったので
今回は覚醒ホルスを使って気合で周回してきました。

+振りまくってるのに苦戦しているのは、
単に難しいだけなのか、それともパズル力が・・・

スポンサーリンク

使用したPT

ソニアグラン降臨(ホルスPT)

 今回使用したパーティーはこんな感じです。

孫権以外は+297のガチ仕様。
しかし、超ぐんまけんに+をふっている人は珍しかろう?w
らぶぐんま!ぐんまサイコー!行ったことはないけど!

ちなみにホルスと孫権はスキルレベル1です。
ではさっそく挑戦してみましょう。

1F「ハリケーンボルケーノドラゴン」

ソニアグラン降臨1F-1(ホルスPT)

メンドウなパターンです

ここは3種類のドラゴンからランダム出現ですが、
これはホルス的にはあまりよろしくないです。

ボルケーノドラゴンは先制で「火属性10ターン吸収」をしてくるので、
基本的にこのPTだと、吸収が終わるまで耐久することになります。

これだけ+をふっているので、
なるべくコンボ数を増やしていれば、死ぬことはあまりありません。

しかし、調子に乗って火以外の攻撃でHPを削りすぎてしまうと
50%以下からは「ハリケーンファング=8,274~13,790dmg」がくるので
耐久しづらくなるため、削りすぎ注意ですね。

ソニアグラン降臨1F-2(ホルスPT)

10ターン耐久したら、後は倒すだけです。

耐久は時間かかるしメンドウなのですが、
私の孫権のスキルが1なので、スキル溜めの意味では助かります。

ソニア連戦までに溜めておけると
盤面が悪い時の保険になるのでグッド。

2F「緋天蒼龍・エルドラド」

ソニアグラン降臨2F-1(ホルスPT)

 2Fでは天空龍5種からランダムで1体が出現します。

天空龍は恐ろしく弱いので、休憩ポイントですね。
できる限りスキルは1、2Fで溜めきりましょう。

ただ、2Fで水闇の「蒼天夜龍・ニライカナイ」
を引いてしまった場合、カウントダウン後にやられてしまうので
そこだけ注意が必要です。

このPTだと、1Fでハリケーン以外、2Fでニライカナイ
の両方が出た場合、孫権のスキル溜めがソニアまでには間に合いません。

倒す意味では問題ありませんが、
スキル溜めの意味だと最悪の組み合わせです。

3F「永劫の青龍喚士・ソニア」

ソニアグラン降臨3F-1(ホルスPT)

 俗に言う「青ソニア」ですね。

PTの属性相性としてはあまりよろしくないのですが、
ソニア3種の中では一番攻撃力が低いので
ある程度の+値があれば殴り合えます。

私は5Fの赤ソニアまでに孫権を溜めたいので
1、2Fで溜められなかった場合は、ここで少し粘ります。

ソニアグラン降臨3F-2(ホルスPT)

HPが30%以下になると「継界召龍陣・結晶龍」(何もしない)
を使用してきて、次のターンで「64,305」ものダメージが飛んでくるので、
これが発動したら次のターンで必ず仕留めなくてはいけません。

ここで↑のようにドロップが欠損してた場合は
ヒカーリーか、溜まっているなら孫権のスキルを使用して倒します。

4F「悠久の緑龍喚士・ソニア」

ソニアグラン降臨4F-1(ホルスPT)

 「緑ソニア」、超ヒヤヒヤポイントの1つです。
緑ソニアの攻撃は、先制で攻撃力を3倍にされているため
1ターン目から「42,957」ダメージなので、まず耐えられません。

ここでの選択肢は、威嚇するかワンパンするかの2択になります。

PT構成や+値によって変わってしまうのですが
5色なくても火ドロップが4つ以上あれば、
一応16倍(36倍)でもスキルを使用して倒せなくもありません。

なので、どちらにしてもここではホルスのスキルを使用しましょう。
ドロップ操作時間が1秒延びるので、多少長いパズルでも何とかなります。。

それと、最悪の場合は緑ソニアのHPを30%以下まで削れれば
青ソニアの時と同様、1ターン溜めが入るので
次のターンで倒せれば問題ありません。

5F「絶世の紅龍喚士・ソニア」

ソニアグラン降臨5F-1(ホルスPT)

みんな大好き「赤ソニア」ですが、
敵として出てくるとホンット最悪です。

まず、先制で「5コンボ以下吸収」をしてくるので
6コンボ以上」できないと、全ての攻撃が吸い取られます。

個人的にソニア=グラン降臨では、ここが一番の難所だと思います。
普段なら6コンボくらい何とかなりますが、
強制されると、笑えるぐらい難しい6コンボw

なので私は、極力ここで孫権を使うようにしています。
これだけ+ふってても、それなりにコンボしないとワンパンはできません。
しかも、殴りあうのもダメージ的にシンドイです。

さらに、HPが75%を切ると
ランダムでバインドまでしてくれるという親切設計。

それは完全に事故の元になるので、大人しく威嚇するのが無難です。

開幕で威嚇して、威嚇中に30%以下まで削り、
最後の1ターンで念のため整地して
赤ソニアが溜め始めたら6コンボ以上して倒します。

ちなみに威嚇が切れる前にパズルをミスって回復された場合は
ヒカーリーのスキルを使って、全力でコンボしてワンパン狙います。

ただし、ここで使ってしまうとソニアグランでちょっと苦戦します。

6F「始まりの龍喚士・ソニア=グラン」

ソニアグラン降臨6F-1(ホルスPT)

「ソニアばーちゃん!」

・・・とか言ったら、ぶっとばされそうですね。

ソニアグランは根性スキルを発動しているので、
HP50%以下まで削らなければなりません。

ソニアグランの行動パターンとしては

1、「継界召龍陣・屍霊龍」(何もしない)
2、「ヘルポイズンブレス」(10,375+ランダムでドロップ9個を毒ドロップに変化)
3、「継界召龍陣・星龍帝」(何もしない)
4、「ディバインスター」25,940ダメージ
5、「継界召龍陣・真龍王」(何もしない)
6、「ゼロ・ブラスト」現HPの100%のダメージ

後はHP50%を切った時点で
ドラりんのエンハンス!」(攻撃力2.5倍)を使用してくるのと
HP1%以下で「龍の雫」(HP全回復)←これは最優先で使用してきます。

で、ここからが今回のPTでの立ち回りになりますが
まず、「」のディバインスターの時点で死にます。

なので、それを使われる前に
グランのHPを50%以下にする必要があります。

ソニアグラン降臨6F-2(ホルスPT)

1番綺麗な流れとしては、3ターン以内に50%以下まで削り
根性が解けたら、ヒカーリー→ホルス→ヨミ
とスキルを開放して倒すのがベスト。

ソニアグラン降臨6F-3(ホルスPT)

盤面が悪かったり、削り切れなそうな時は
臨機応変にスキルを使用しますが、
基本的に↑の流れでいけないとツライです。

ただ、50%以下まで削れればターン数に余裕ができるので
盤面が悪くなければ何とかなることも多いです。

例えば、行動途中でHP50%以下になった場合

継界召龍陣・星龍帝→50%以下→ドラりんのエンハンス→継界召龍陣・星龍帝

このように、エンハンスをかける直前の行動を取り直してくれるので
実質2ターンの猶予が与えられます。

なので、厳しい状況になっても
焦らず、諦めずに最後まで頑張りましょう。

最後に

 ソニアグラン降臨には、今までの降臨と比べて
安定パーティー」が存在しません。

どこまでを安定というかにもよりますが、
基本的にどれだけ安定したパーティーであったとしても
それなりのパズル力は要求されると思います。

しかし、ソニアグランは無課金で取れるモンスターとしては
破格の性能なので、できればゲットしたいとこです。

それでは長くなりましたが今回はここまで、また次回( ´ー`)ノ

最後までご覧いただきありがとうございました!

↓は記事更新の励みになる
私の「やる気スイッチ」です。

※1日1回ポチっていただければ、
画面の向こうで私がガッツポーズします。

↓よろしければ他の記事もご覧ください!

 

スポンサーリンク/ブログ内記事

 

タグ :

さ行(降臨) ソニア=グラン降臨(継界龍)    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed