ぷれドラ大量発生 遅延耐性たまドラ 出現率2倍 ドロップ率

パズル&クロネス

【ぷれドラ大量発生】遅延耐性たまドラ出現率2倍時のドロップ率確認【超級/地獄級】

読了までの目安時間:約 5分

 

 

今回は「ぷれドラ大量発生」で出現する
遅延耐性たまドラ出現率が2倍
なっているようですので、それの確認をしてきます!

1時間しか周れないので数は少なめですが、
超級と地獄級、今回は割と差が出たかも?

スポンサーリンク

超級ドロップ結果

↓タップで開閉

超級周回結果画像

  • 周回数→「30周」
  • 遅延たま→「2体」
  • 獲得MP→「12,800」

遅延たまドラのドロップ数は2体、
周回数が少ないのはありますが、
出現率が2倍になっているのかどうかは謎です。

ぷれドラ大量発生は今までに何度か検証していますが、
過去の検証結果を再確認してみたところ、
同じく30周して「1体」という結果でした。

ということは今回の結果と照らし合わせると
確かに結果は2倍・・・ですが、
さすがにこの内容だと判断しづらいですねw

地獄級ドロップ結果

↓タップで開閉

地獄級周回結果画像

  • 周回数→「30周」
  • 遅延たま→「7体」
  • 獲得MP→「16,300」

前回は消費スタミナを考慮して
地獄級の周回数を15周にしましたが、今回は30周。
ちなみに前回は15周して「3体」でした。

地獄級を30周は超級なら60周できますが、
今回の結果だと超級の数値を2倍にしたとしても
地獄級のほうがドロップ数が多いです。

なので遅延耐性たまドラ一点狙いであれば、
地獄級のほうが集めやすい
、という結果になりますね。

とはいえ、考慮すべき点は他にも色々とあります。

超級、地獄級どちらを周回すべきか?

これは過去の記事でも触れている内容で、
その頃から考えはあまり変わっていないのですが、
せっかくなので改めてまとめます。

『超級を周回すべき人』

超級を周回すべき人は、
まず消費スタミナ少なめで、
できる限り多くのMPを稼ぎたい人。

潜在たまドラの獲得数は地獄級と比べて
ほぼ半分くらいに減ってしまうので、
急いで「潜在たまドラ」を集めていない人。

(火ダメージ軽減とか攻撃強化など)

要は時間効率よりスタミナ効率を重視している方、ですね。

『地獄級を周回すべき人』

MPは稼ぐどころかむしろ余らせている、
短期間で大量の潜在たまドラを集めたい、
1時間で出来る限り多くの遅延たまドラを集めたい。

地獄級を1時間高速で周回すると
それなりに石を消費することにはなりますが、
MP以外の獲得数はほぼ倍に増えます。

なので超級向けの方とは真逆の
スタミナ効率より時間効率を優先する方。

といった感じです。

最後に

出現率2倍の状態で周回してみましたが・・・
あまり2倍になってる気がしませんでした。

元の出現率自体があまり高くはないので、
今回くらいの周回数だと体感しづらいってのはありますが、
地獄級30周に関しては10体くらい出ると思ってました。

これなら特殊降臨ラッシュを周回できる方は、
そちらを周回したほうが良さそうですね。

といっても、それは遅延たまドラ一点狙いの場合の話で、
ぷれドラはMPや他の潜在たまドラを集められますし、
何より周回する上でPTの編成難易度が違います。

特殊降臨ラッシュの周回PTは増えてきましたが、
それでも決して楽なほうではありませんからねw

なので気軽に周回できるという意味では、
体感は地味でも出現率2倍イベント、
ありがたいと言えばありがたい?です、きっと。

しかしアレですよね、
ぷれドラを周回した後って・・・
潜在たまドラの整理が大変なのですよね・・・w

といったところで今回はここまで。
それでは、また次回( ´ー`)ノ

最後までご覧いただきありがとうございました!

↓は記事更新の励みになる
私の「やる気スイッチ」です。

※1日1回ポチっていただければ、
画面の向こうで私がガッツポーズします。

↓よろしければ他の記事もご覧ください!

 

スポンサーリンク/ブログ内記事

 

検証シリーズ/パズドラ雑記    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed