新チャレンジモード 3体以下編成 伝説の山道 丘陵 空路 シヴァドラ

パズル&クロネス

【新チャレンジモード】伝説の山道、丘陵、空路をシヴァドラで石回収【3体以下編成】

読了までの目安時間:約 6分

 

 

新チャレンジモードの面倒な場所

「伝説シリーズ」を少しずつ進めていこうと思いますが、
まず今回は「山道、丘陵、空路」
この3つにシヴァドラで行きます。

スポンサーリンク

プレイ動画

【新チャレンジモード】伝説の山道、丘陵、空路をシヴァドラで石回収【3体以下編成】

伝説の山道(スリーディア)

山道はボスやたまドラが木属性なので、
火がメインのシヴァドラとの相性は◎

道中もペンギンが複数出現しな限り、
副属性の闇だけでも倒していけるので
道中もだいぶ楽に進んでいけます。

しかし、問題が2点ほどあります。

まず1つはたまドラの先制バインド
シヴァドラはバインド耐性を持っていないのと、
次のフロアはもうボス戦なので対策が必要です。

ただ、緑おでんたまドラは2ターン行動、
両サイドのリットも最短で2ターン行動ですので、
1ターン余裕があります。

この1ターンを考慮して対策を立てれば
少し対策の幅が広がりますので、
この点は覚えておいて損はないと思います。

次はボス、スリーディア戦
PTにしっかり+が振られていれば良いのですが、
今回の私ぐらいのPTだと「HP」が足りません。

スリーディアの初回行動は1万ちょいですが、
食らうと火ドロップを消されてしまいますし、
2回目の行動は20,668、受けられません。

倒しやすい敵なので大きな問題ではありませんが、
一応自分のPTのHPと、倒すための手段は
少し考えておいても良いかと思います。

伝説の丘陵(デフォード)

使っておいてなのですが、
ここに関してはシヴァドラだと
少々面倒なフロアがいくつかあります。

まずはB3のフレイムシードラ
火属性が吸収されてしまうので、
何かしらの対策が必要です。

副属性で貫通することも充分可能ですが、
闇が欠損してしまうリスクを考えると、
べつの手段を用意しておいたほうが無難でしょう。

次はB5の青おでんたまドラ
山道のたまドラと違ってここは水属性ですので、
火の攻撃だと防御力が実質120万になります。

また、ここで下手にダメージを貰ってしまうと、
次のB6番人の先制攻撃「16,879」に狩られやすくなるので、
たまドラは即時バインド回復→ワンパンが理想です。

なので、バインド回復+変換の赤関羽、
これが意外とスーパーサブだったりしますw
滅多に見ないけど便利なのです。

そして最後の問題はデフォードのコンボ吸収
ここはPTの操作時間延長をなるべく増やすか、
組みやすいように変換スキルを使う等。

延長スキルを積めると楽になるのですが、
3体以下編成だとそこまで詰める余裕がないでしょう。

一応デフォードの攻撃はHP30%以下時のディバインスターと、
7の倍数の行動時に飛ばしてくるネビュラインフェルノ、
この2つ以外は受けられると思います。

回復さえあれば少しは殴り合えるので、
あまり気負わずに落ち着いてパズルしましょう。

伝説の空路(リファイブ)

空路は山道、丘陵と違って
先制でバインドしてくる敵はいません。

行動されるとバインドしてくる敵はいますが、
基本的に倒し切れてしまえば問題ないので、
重要なのはバインド対策よりも火力補助。

特に空路はB6エンジェリオン~B7リファイブと続き、
リファイブの先制が「19,785」と大きいので、
エンジェリオンで詰まると非常に危険です。

回復力は高いので回復ドロップがあれば
回復しながら突破することも可能ですが、
欠損してると詰んでしまう場合があります。

なので空路は全体的な火力増強と、
ボスを倒し切る変換スキルが必要。

動画でも言いましたが今回PTに入れている
真田ほど強力なキャラじゃなくても良いのですが、
攻撃色と回復をセットで作れるキャラが理想です。

そうすれば最悪ミスって食らっても、
確実に回復しながら突破できるので、
かなり安定感が増すと思います。

また、今回はあえて外しているのですが、
ドラゴンキラー持ちの「ツバキ」がいると、
エンジェリオンとリファイブをだいぶ倒しやすくなります。

もしツバキをお持ちであれば、
是非PTに加えて火力増強することをオススメします。

それと5ターンまでのスキルなら、
エンジェリオンで使ってもボス戦でシヴァドラ×2使用で
スキルを復活させられるので、例えば火ヴァルとか便利ですね!

最後に

まずは手始めに山道、丘陵、空路の3つ行きましたが、
だいぶクリアしやすい環境になったとはいえ、
やっぱり面倒は面倒ですw

3体以下編成は基本的にHP不足になりやすく、
どうしても食らえない場所が増えてしまうので
嫌な緊張感も生まれてしまいますしね。

なので、シヴァドラのように少ないドロップ数で
確実に突破していけるキャラが有用で、
扱いやすい部類だと思ったので今回は選びました。

もちろん他にも近いキャラは多く、
クリアしやすいキャラも多く存在していますので、
今回のはあくまで一例としていただければ幸いです。

むしろ大変なのはここから・・・です。

空路の先は雪渓(イルシックス)、樹海(セブンザード)、
地獄はまだまだ続きます・・・。

気が遠くなりますね~・・・ホントにw

といったところで今回はここまで。
それでは、また次回( ´ー`)ノ

最後までご覧いただきありがとうございました!

↓は記事更新の励みになる
私の「やる気スイッチ」です。

※1日1回ポチっていただければ、
画面の向こうで私がガッツポーズします。

↓よろしければ他の記事もご覧ください!

 

スポンサーリンク/ブログ内記事

 

タグ :  

テクニカルダンジョン 伝説の山道(聖峰の嵐龍) テクニカルダンジョン 伝説の丘陵(沖天の星龍) テクニカルダンジョン 伝説の空路(早天の剛龍)    コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. mee より:

    チャレモお疲れさまですっ
    「フレンド使えれば楽勝じゃん」
    改装直後はなめてましたが、やはり上のほうはきっついですね・・・!

    • くろね より:

      >meeさん

      ありがとうございます!

      私も正直、同じようなことを考えてましたw
      これ上のほうの難易度に関しては
      以前のほうが楽だったかもしれませんね(; ・`д・´)