シヴァドラ ネプドラ ヨミドラ 進化素材

パズル&クロネス

【進化素材】シヴァドラ、ネプドラ、ヨミドラの究極進化素材の一部【自分用メモ】

読了までの目安時間:約 6分

 

 

今回は進化が決定したMPドラゴン3種

「シヴァドラ、ネプドラ、ヨミドラ」
進化素材の一部を簡易的にまとめていきます。

自分用のメモなのですが、
ややこしいのであっても良いかな?
ってことで一応残しておこうかと。

スポンサーリンク

シヴァ=ドラゴン

01シヴァドラ-MPモンスター進化素材(一部)

パッと見た感じすでに相当メンドクサイのですが、
素材に使われているキャラの素材を見ると、
更に気が遠くなってきます。

レーダードラゴンに関しては置いといて、
ガイノウト、リヴァイブ、ボルケーノドラゴンは
入手から進化までが物凄く遠い。

例えばガイノウトとリファイブ

02ガイノウト-MPモンスター進化素材(一部)

シヴァドラの素材になっているのに、
更にガイノウトの素材にもなっている
ハリケーンボルケーノドラゴンリファイブ

なのでこの2種は「2体ずつ」作ることになります。

ちなみにハリケーンの主な入手先は
「ソニア=グラン降臨」「ゼウスヴァルカン降臨」

ヴァルカン降臨はドロップ率が悪く、
グラン降臨はそもそも3択なので
引き当てなければなりませんが、出れば確か確定ドロップ。

B1で出現するためスタミナを捨てられるのであれば、
出なかったら諦める、で時間短縮ができます。

ゼローグは極限ドラゴンラッシュ、
ウルズはヘララッシュの上に行ければ
進化後で落ちるので少し手間が省けますね。

その他の細かい素材は端折ってますが、
曜日ダンジョンで入手できる素材はコインの
進化ラッシュ、レア進化ラッシュでいつでも取れます。

長い目で見て作る場合に重要なのは、
「ヘパイストス」や↑で説明したハリケーン、
これらが取れる降臨を見逃さないこと、です。

いつでも取れるキャラは言葉通りいつでも良い、
しかしタイミングが合わないと取れないキャラは
基本的に取り逃がすとしばらく来ません。

なので必要素材の把握と、
毎日の降臨チェックはお忘れなく。

ネプチューン=ドラゴン

03ネプドラ-MPモンスター進化素材(一部)

シヴァドラで使った素材を水にしたような感じですが、
メンドクサイところもやはり似ています。

ここで厄介なのはヴォルスーン、イルシックス、オーロラドラゴン。

04ヴォルスーン-MPモンスター進化素材(一部)

イルシックスがダブっているので、
こちらは「2体」作らなければなりません。

ブラストオーロラドラゴンに関しては、
先ほどのハリケーンと同様にグラン降臨で3択、
他にはノア降臨、ヴォルスーン降臨でも出現します。

なのでとりあえずヴォルスーン降臨に行ってみて、
1発で入手できれば良し、ダメなら他の場所かワンモア、
といった感じでよろしいかと。

ネプドラの進化素材であるノアに関しては、
ノア降臨を待たずともコインの降臨カーニバル2
に出現しますので、基本は後回しでもOK。

というよりネプドラの素材は素材の素材も含めて、
いつでも入手できるキャラが大半ですので、
最優先はブラストオーロラドラゴンの入手、です。

ツクヨミ=ドラゴン

05ヨミドラ-MPモンスター進化素材(一部)

ゼウドラと同じく最高峰のメンドクサさw

ヘラドラの入手というか攻略が大変ですし、
マシンヘラも慣れていないと難しい、
そしてマシンヘラの進化素材が最高にタチが悪い。

06マシンヘラ-MPモンスター進化素材(一部)

画像にはしませんでしたが、
各色のゴーレムは進化するために
黄金の番人を3体ずつ使います。

ということは、闇と光のマシンゴーレム2体を
進化させようと思ったら、必要な番人は合計で・・・
「22体」になります。

1体につき11体、ハダルとソエルの進化にも1体、
マシンヘラを進化させようと思ったら
合計「24体」の黄金の番人が必要。

ちなみに光と闇のマシンゴーレムに関しては、
できればマシンゼウス、マシンヘラが手っ取り早いです。
進化後で落ちるでの楽かなっと。

光のほうはデウスエクスマキナ降臨でも進化後が落ちますので、
タイミングが合うならそちらでも良いですね。

あー、後もう一つ。
通常のヘラの究極やゼウスの究極は
「超キング○○ドラゴン」を使います。

私は割と毎回ここで詰まったりするので、
キング大量発生等で集めた時は、
必要数を確認して置いておくようにしましょう。

な、くろね!

最後に

私がこれから集めに行く素材を
中心にまとめてみましたが、
正直な話、書いてる内に嫌になってきました・・・w

なにこの素材・・・?

難しいとかそういう話ではなく、
ただただ単純にメンドクサイ!!
スタミナどんだけ必要なんですか、ホントにw

実のところそもそも
進化させる必要はあるのだろうか?
といった疑問がなくもありません。

しかし、カタログスペックだけだと
正しく判断できないことが多々ありますので、
結局は実際に使ってみるのが一番良いのですよね。

なのでコツコツ作り始めようと思いますが、
やっぱり気が重いですわー!!!!!

といったところで今回はここまで。
それでは、また次回( ´ー`)ノ

最後までご覧いただきありがとうございます!

↓は記事更新の励みになる
私の「やる気スイッチ」です。

※1日1回以上押すとやる気が空回りします。

 

スポンサーリンク

 

未分類    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: