覚醒シヴァ 光カーリー 呂布ソニ 水の猫龍

パズル&クロネス

【水の猫龍】覚醒シヴァ、光カーリー、呂布ソニなどで攻略【藍猫龍】

読了までの目安時間:約 5分

 

 

 今回挑むのは
「水の猫龍」です。

コンダンジョンで復刻してたので
石回収しないとですね!

PTに関しては
無課金を含む、
いくつかのPTで挑みます。

スポンサーリンク

ゼローグ∞(無課金)

01水の猫龍(ゼローグ∞)

 まずはお気に入りのゼローグ∞。

7×6盤面や、
1~2色欠けているダンジョン、
これらと目覚めの相性は抜群です。

元々オチコンがよく来ますが、
そこに○○の目覚めが加わると、
ほぼ間違いなく最低1コンボ分は落ちます。

最近無駄にゼローグを推してますが、
個人的には非常にオススメなキャラです!

・・・作るのがシンドイけど。

ゼウス&ヘラ(無課金)

02水の猫龍(ゼウス&ヘラ)

 意味が分からない、
とまでは言えませんが、
ゼラ自体がもはや希少ですよね。

「ゼラスキルマとか無理」

確かに私のゼラはスキルマですが、
このダンジョン、そしてこのPTでは、
絶対溜められないのでご安心を。

というかですよ、
冷静に考えてみたら、
ゼラ使った意味とは・・・。

無駄にHP制限がかかるだけなので、
もはやアテナで良いじゃん
って話でした。

久しぶりにフレンドがゼラ出してて、
それを見てつい使いたくなった、
という感じです。

覚醒シヴァ(水多め)

03水の猫龍(覚醒シヴァ)

 さて、何から説明しよう。

まずはシヴァのような
○属性のステータスをアップ、
みたいなスキルのキャラについて。

逆に組み方が難しいので
覚える必要はあまりありませんが、
対象属性は副属性だけでも大丈夫。

今回のシヴァなら、
副属性が火になっていれば、
主属性の水にも倍率はかかる。

今更すぎる説明でしたが、
私は昔、これに気づいた時
少し感動したのが良い思い出ですw

ということで、
普通に火染めで組むと、
ここは属性相性が悪いです。

なので今回は、
あえて主属性が水のキャラを
少し多めに入れていました。

「ところでそのPT強いの?」

うん「正直微妙」です。

さすがに火を消してしまう
メガロドランはヤリスギでした。

あ、補足しておきますが、
サブの水キャラを課金キャラにすると、
割と普通に火力の確保ができます。

今回は単純に、
サブのキャラ自体が微妙
という話です。

光カーリー(サブ無課金)

04水の猫龍(光カーリー)

 光カーリーは定番です。

ここはがないので、
光カーリーとの相性が非常に良い。

沙悟浄を使いたくて入れましたが、
水がこれしかいないので、
ミツキにバインドされたら詰みます。

その対策としてエンジェル、
しかしバインド2ターン回復なので、
3ターンバインドが来るとツライです。

開幕ヘタに削ってしまうと、
クスクス笑ってくれなくなるので・・・。

ヤ魔モトPは指、
エキドナは念のため
ボスの威嚇要員で。

呂布×赤ソニア(サブ無課金)

05水の猫龍(呂布×ソニア)

 光以外の猫龍は
周回を前提としても
なんだかんだ呂布ソニが安定です。

今回はサブがヒドイので
安定させるのは少々難しいのですが、
真面目に組めば問題ありません。

はまひめはボス戦を
ソニア→変換で花火を作り、
手を抜くために入れました。

半蔵がいれば完璧です!

・・・と言いたいとこですが、
そもそも花火する必要自体ありませんw

普通に変換して列組めるように
PTを編成したほうが、
道中を安全に進めると思います。

なんにせよ、
基本的にスペダン周回は
PTに困ったら呂布ソニ、鉄板です。

最後に

 水の猫龍に根性はなく、
状態異常も普通に通りますので、
比較的攻略しやすいダンジョンでした。

1万ちょいの先制攻撃と、
ボス前のミツキ、
この2つの対策だけ取れれば問題なし。

一番の問題は、
用事がある人のほうが少ない、
という点でしょうか・・・w

しかし、冷静に読み返したら
「猫に根性はない」
って、おかしな言い回しですねw

といったところで今回はここまで。
それでは、また次回( ´ー`)ノ

最後までご覧いただきありがとうございました!

↓は記事更新の励みになる
私の「やる気スイッチ」です。

※1日1回ポチっていただければ、
画面の向こうで私がガッツポーズします。

↓よろしければ他の記事もご覧ください!

 

スポンサーリンク/ブログ内記事

 

タグ :     

スペシャルダンジョン    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed