バステト シヴァ 光の猫龍

パズル&クロネス

【光の猫龍】無難にバステト、シヴァ辺りで周ってみましょうかね【重猫龍】

読了までの目安時間:約 6分

 

 

 謎の使命感で継続中の
猫龍シリーズも今回が区切り。

「光の猫龍」です。

他の猫龍は一応書きましたので、
これが猫龍シリーズのラストですね。

これ以降に関しては、
また何かあれば書きます。

では、今回は少なめですが、
毎度お馴染み、
いくつかのPTで挑みます。

スポンサーリンク

光の猫龍について

※PTだけご覧になる方は
↑の目次をご利用ください。

 さて、今回の光ですが、
猫龍シリーズの中ですと
個人的に一番「嫌」です。

ボス前のガチャ娘は
先制で4コンボ以下吸収。

ボスに至っては
先制で状態異常無効、
しかも根性持ち。(80%以上)

ボスは威嚇もワンパンもできません。

となると、
80%以下まで削って、
1発食らってから倒すしかありません。

攻撃力は高くないものの、
スキルに暗闇攻撃があるので、
ヘタすると泥沼にハマります。

さらに運が悪いと、
「リーダーフレンドバインド」
2ターンです、もうね・・・w

ということで、
ボス猫をどうするのかが、
今回最大の課題です。

覚醒バステト

01光の猫龍(覚醒バステト)

 慣れているせいか、
個人的に一番調整が楽なのは
覚醒バステトPTです。

中身をだいぶ変えてますが、
木で2way持ってて変換なら
おそらく誰でも大丈夫です。

エンハンス役として、
デルガドを連れてきましたが、
スキル溜まりませんでしたw

なので悲しい話、
いなくても良いです。

童虎に関しても
使いたかっただけですので、
別のキャラで問題ありません。

ボスは根性を外してから
変換して全力で倒します。

初回行動でバインドされた場合は、
必死に回復して耐えます。

ボスの攻撃は弱めなので、
意外と何とかなると思います。

アテナ×カンナ

02光の猫龍(アテナ×カンナ)

 定番のアテナPTですが、
フレンドはカンナです。

神タイプ3,5倍なので、
実はアテナより火力が高くなります。

さらにカンナのスキルは、
「1ターン神とドラゴンの攻撃を2倍」

なんとエンハンスまで所持してます。

ボスは根性解除後、
全力で殴って仕留めそこねると
非常に厄介です。

そこで確実に倒すために
エンハンスを入れると、
安定感が増します。

・・・というよりも、
エンハンス系なしの場合、
アテナはかなり厳しいかもしれません。

覚醒セレス×ゴン

03光の猫龍(覚醒セレス×ゴン)

 セレスにゴン。

タンスにg(ry

くだらない冗談はさておき、
かなり不思議なPTだと思います。

列主体になっていて、
覚醒スキルでアスタロト、
メイメイ張飛は変換相性だけ抜群。

アルテミスは・・・
穴埋めですかね。

ボスはとりあえず1回殴って、
根性解除後、HP調整をします。

全回復は無理なので、
HPは50%以下調整です。

HP調整が終わったら、
変換して全力で殴って倒します。

ボスの攻撃は
セレスが半減してくれるので、
比較的安全に調整できると思います。

火力に関しては、
しっかり列を組めば
意外と最低限は出るので大丈夫。

覚醒シヴァ

04光の猫龍(覚醒シヴァ)

 覚醒シヴァPTですが、
1部を除いて悪魔染めになってます。

これくらいのPTですと、
シヴァをもってしても
残念ながら火力が足りません。

そこで悪魔エンハンスを入れ、
足りない火力を補強した、
という感じです。

基本的な立ち回りは同じですが、
1点違うとすれば、
「陣系」のスキル持ちがいません。

ボスのHPを
30%以下にしてしまうと、
盤面崩されて、まず勝てません。

なので、そうなってしまった場合の
保険として連れて来たのが、
猪八戒になります。

ちゃっかり悪魔タイプですしねw

運営に降臨ダンジョンが
消されてしまうような子ですが、
私はだいぶ有能な子だと思ってます。

最後に

 今回のPTは以上です。

ボス対策が上手くいかず、
なかなかPTの幅を
広げることができませんでした。

それと猫龍関係ないのですが、
少々、深刻なフレンド不足です。

正確には、
かなり似たり寄ったりで、
不思議な方がほぼいません。

このブログの趣向的に、
これはだいぶ大きな問題です。

完全に私のせいですがw

しかし、近いうちに
何かしらの方法を考えないといけませんね。

最後無関係でしたが、
今回はこの辺で終わります。
それでは、また次回( ´ー`)ノ

最後までご覧いただきありがとうございました!

↓は記事更新の励みになる
私の「やる気スイッチ」です。

※1日1回ポチっていただければ、
画面の向こうで私がガッツポーズします。

↓よろしければ他の記事もご覧ください!

 

スポンサーリンク/ブログ内記事

 

タグ :     

スペシャルダンジョン    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed