ヘライース杯 ランキングダンジョン

パズル&クロネス

【ヘラ・イース杯】大波乱を巻き起こした驚愕の爺さんがいるそうで【ランキングダンジョン】

読了までの目安時間:約 6分

 

 

正式版記念すべき10回目

「ランキングダンジョン-ヘラ・イース杯」

今回は継承スキル使用不可、
といった縛りが付いていますが、
これはあってないようなものでしょうw

それよりも今回は元気な爺さんに
大波乱を巻き起こされ、順位が大荒れで泣きそうでした。
恐るべし、花火職人。

スポンサーリンク

出現モンスター

01出現モンスタ-ヘラ・イース杯(正式版10回、通算14回目ランキングダンジョン)

途中経過

02初日(深夜)-ヘラ・イース杯(正式版10回、通算14回目ランキングダンジョン)

初日の深夜っというより早朝です。

今回はボスが究極イース(水属性)でしたので、
様子見ってことで最近のトレンドの劉備さん。

一昔前のランダンであれば
これでも王冠取れそうな気もしますが、
最近だと初日で0.3%は少々厳しそう。

ということで時間は進み

03初日(夜)-ヘラ・イース杯(正式版10回、通算14回目ランキングダンジョン)

今回のヒーロー(皮肉)のディオス爺さん。

正直ランキングダンジョンにおいて、
普通に花火が使用される日がくるとは思いませんでした。

日頃、運ゲー運ゲー言われているランダンですが、
毎度言っている通り、最低限のパズルができて、
そこから初めて運ゲーが始まると思っています。

上手い人のパズルを見ると一目瞭然ですが、
2色陣からのただの平積みでも
組む速度が軽く別次元です。

例えばの話、一回の平積みで6秒使う人と、
4秒で組める人を比べた場合、
5フロアで「10秒」の差がつきます。

もちろん変換後の盤面の運はありますが、
その後のパズルに関しては
少なからず運ゲー以外のものが絡んでいます。

非常に些細な部分ではありますが、
その些細な部分があるからこそ、
自由杯は面白いと個人的に思っているわけです。

と、偉そうなことを言ったところで、
私はどちらかと言えば「6秒の人」なので
運に頼る部分が結構あるのですけどねw

それはさておき、
↑のスコアで大丈夫だろうと思っていたところ

04 4日目(夜)-ヘラ・イース杯(正式版10回、通算14回目ランキングダンジョン)

これはアカンやつです。

4日目でこれではおそらく
最終日にサクッ落とされるパターンです。

あまり石を使いたくない状況なのですが・・・

最終スコア

05最終日(夕方)-ヘラ・イース杯(正式版10回、通算14回目ランキングダンジョン)

致し方なし。

B1はロックを消しながら5コンボ程度、
陣を使った時は平積み9コンボ程度、
花火の時はオチコン1個くらい。

あ、途中で夏ガチャ回したりしたので
使った石は5~6個です。

速度重視?コンボ重視?

さて、ここからはまたしても小言になりますが、
情報収集をしていると必ず見かける質問

「速度重視」「コンボ重視」か、
というものですが、個人的な回答は
「どちらも正解で不正解」

何を言っているんだお前はって話ですが、
一例としてこの画像

06タイム、コンボ重視比較-ヘラ・イース杯(正式版10回、通算14回目ランキングダンジョン)

劉備は変換後、盤面をロクに確認もせず
テキトーにスッとズラして進むのみの、
いわゆる速度重視に近い感じ。

逆にエースのほうは速度をガン無視して、
とにかく堅実的に平積みをし続ける、
いわゆるコンボ重視。

どちらもまだタイム、コンボ数を伸ばせますが、、
それは一旦置いといて、とりあえずスコアとしては
大体同じぐらいになっていると思います。

要は速度とコンボ数
どちらか片方だけでは不十分

速度を重視してコンボ数はオチコン頼り、
それも一つの戦法だとは思いますが、
相応の石を砕く覚悟が必要です。

しかも2色陣を使った盤面ですらも
コンボ組まずにズラす、といった立ち回りだと、
例えばディオスなら133,000~135,000辺りが壁。

話が脱線しかけてるので戻しますが、
もしコンセプトとして速度かコンボのどちらかを重視するなら、
私はなるべく急いだ「コンボ重視」です。

今回に関してはディオスを使ってしまっているので、
後半は強制的に速度重視にさせられますがw

最後に

色々と書きたいことが他にもありますが、
あまりダラダラ書いても仕方ないのと、
結局は主観的なものなので心に秘めておきますw

それはさておき、
今回のランダンは私が知る限りでは
ある意味、一番荒れたと思います。

普段は緩やかにボーダーが上昇していくのですが、
今回は4~5日で軽くピークを迎えていて、
むしろ最終日である今日が落ち着いていたり。

これは個人的な予想ですが、
↑でチラッと触れた「ディオスの壁」
これに引っかかって折れた人が多そうなイメージです。

ディオスは確かにスコアを出しやすいのですが、
なかなか壁を越えられないのですよね。

私も結局ディオスが最高スコアになってますが、
実のところバステトエースでも同じようなスコアです。

花火撃つか撃たないかだけの違いで、
他の立ち回りやPT編成はホットンド同じです。

猫エースだとスコアの上下は激しくなりますが、
ディオスより136,000以上を出しやすかったり。

自力で突破しなきゃいけないフロアがあるので、
精神的な疲労感は増えますけどね・・・w

といったところで今回はここまで。
それでは、また次回( ´ー`)ノ

最後までご覧いただきありがとうございました!

↓は記事更新の励みになる
私の「やる気スイッチ」です。

※1日1回ポチっていただければ、
画面の向こうで私がガッツポーズします。

↓は私のyoutubeチャンネルです。
チャンネル登録していただけると泣くほど喜びます。

 

スポンサーリンク/ブログ内記事

 

ランキングダンジョン    コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. エフェメラ より:

    0.3%おめでとうございます。
    あんまり石を使いたくないからの石の大量消費は驚きましたw

    今回はボーダーが高い感じでしたが、やっぱりリーダーディオスと陣の運ゲーだからやる人が多かったんですかね?
    2色陣2枚でも5%になれましたし、後半はディオスの花火なのであまり疲れないチャレダンだったのも関係あるような気がしますねえ。
    個人的にはソロ専用バッチが輝いたんで割と好きなダンジョンでした。

    • くろね より:

      >エフェメラさん

      ありがとうございます!

      今回は何だかんだ10個以内で済んでいるので
      これでもだいぶマシなほうでした。
      信じられないくらい消費するのは「固定杯」ですね・・・w

      今回はボーダーの上昇速度が異常なレベルでしたが、
      要因としてディオスの存在は大きかったでしょうね。
      おっしゃる通り立ち回り的にもやりやすかったですし。

      後はそれを有名プレイヤーの方が動画で解説していたのもあって
      情報が普段よりかなり早く広まったのも要因の一つでしょうか。

      しかし、本日上位入賞者の発表がありましたが、
      サブ3枚抜きは驚きましたね~・・・。

      いくら攻撃回数が減るとはいえ、
      あそこまで減らしたら私はクリアすらできそうにありませんw