ドラクリスト降臨 宝剣龍 マシンゼウス周回 水ミル

パズル&クロネス

【ドラクリスト降臨】マシンゼウスPTでサブと周回【宝剣龍】

読了までの目安時間:約 5分

 

 

何だかんだ言って結局は無理やり

「ドラクリスト降臨」
サブと周回してきました。

PT編成はゆっくり考える時間がありませんでしたので、
あり合わせで乗り切ります。

スポンサーリンク

出現モンスター

01出現モンスター-ドラクリスト降臨

PT編成

02PT編成-ドラクリスト降臨

03継承内容-ドラクリスト降臨

先にこれだけは書いておきますが、
継承キャラの代用は多々あるのと、
あり合わせで組んでいるので無駄も多いです。

例えば「イルム」はそれじゃなくても良い、
というよりイルムじゃないほうが良いです。

サブアカが光を多めに生成できて、
かつ継承できるキャラを他に所持していなかっただけです・・・w

後はその隣の「サウザー」に関しても
イルムと同じ理由で普通に変換役として継承しているので、
ここも光6個以上、できれば10個くらい作れれば誰でも。

メインアカのB側も同じような話なのですが、
「ズオーと薫」に関してだけは
割と重要な役割を担っています。

文字で説明するのもアレなので、
今回は珍しく動画にしてみましょう。

立ち回り

立ち回り(マシンゼウス)-ドラクリスト降臨

画質が悪いのはご愛嬌。

それはさておき、
ズオー→薫ってちょっと面白くないですか?

花火始動以外でなるべく確実に6コンボ以上、
ここで引っかかって悩んでいたのですが、
何とも不思議な方法で解決したものです。

ちなみにドラクリストがスキルマになるまで、
この変換では一度たりとも盤面が
5コンボ以下になったことはありませんでした。

毎回パズルを普通にすることにはなりますが、
基本は左か右端からパッと見で多い色
ひたすら縦積みしていくだけです。

これはおそらくゼウス&ヘラ降臨辺りの
「ネプチューンの2列毒生成」
で体験したことのある方が多いかと思います。

全体的にパズルしてる回数が多いので
完全に脳死プレイとはいきませんが、
約2分で周回できますし、即興にしてはボチボチかなっと。

水ミルPT

04水ミル-ドラクリスト降臨

そして今回のレーダー龍3種戦ではお馴染み、
水ミルのコーナー。

ラグウェル、ウェルドール戦も差ほど苦戦はしませんでしたが、
今回のドラクリストは苦戦しないどころか、
むしろ快適とすら言えます。

木属性の敵がB1のめろドラとB5のプランだけで
後は大半が火属性ですし、
強いて言えば赤ソニアのコンボ吸収が少し怖いくらいです。

普通にやったら厄介なボスの根性も、
HPの高さと十字消しの耐久力のおかげで、
発狂されても負けないので気にせずワンパン狙い。

念のためシャロンにスサノオを継承してますが、
ボスの発狂ダメージが22万程度ですので、
自分の最大HPが55,000くらいあれば必要ありません。

というか☆6以下強化の場所において、
コラボキャラとか魔法使いシリーズ(シャロン等)が
洒落にならないほど強すぎます。

ホント、何が急に必要になるか
まったく先が読めない時代になったものです。

これだから私のMPが一向に貯まらないのですよw

最後に

ボッチマルチがだいぶ板についてきましたが、
やはり手持ちの少ないサブアカとだと、
組めるPTが限られますね・・・。

今回のPTも本当はもっと簡略化して、
手間を減らして速度を上げられるのですが、
なるべく安定させるのが精一杯です。

とはいえ「アレがいれば、コレがいれば」
言い始めるとキリがありませんので、
どんな形であれ周れているなら良し、でしょうか。

にしても今週は本っ当に疲れました。
冷静に考えたら今週だけで今回のレーダー龍3種、
すべて周回してスキルを上げたようで。

終わってみると本当に使うのかどうか、
少々不安に思うところもありますが、
持ってないと何となく欲しくもなるのですよねw

パズドラに限った話ではありませんが、
「買って満足、作って満足」は、あるある、
もはや基本です!

といったところで今回はここまで。
それでは、また次回( ´ー`)ノ

最後までご覧いただきありがとうございました!

↓は記事更新の励みになる
私の「やる気スイッチ」です。

※1日1回ポチっていただければ、
画面の向こうで私がガッツポーズします。

↓よろしければ他の記事もご覧ください!

 

スポンサーリンク/ブログ内記事

 

タグ :  

た行(降臨) ドラクリスト降臨(宝剣龍)    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed