伝説の樹海 転生クシナダ 新チャレンジモード 3体以下編成

パズル&クロネス

【伝説の樹海】転生クシナダ-3体以下編成【新チャレンジモード】

読了までの目安時間:約 6分

 

 

今日はメンドクチャイモードの攻略

今回は「伝説の樹海」(セブンザード)に、
転生クシナダで行きます。

が、スキル溜めや盤面調整が大変なのと、
敵の行動に左右されてしまう
非常に運要素の強い内容になってます・・・。

スポンサーリンク

プレイ動画

【伝説の樹海】転生クシナダ3体以下編成【新チャレンジモード】

補足説明&おさらい

「B1」

まずはとにかくスキル溜め。
しかし耐久力に余裕があるわけではないので
割と神経を使います。

5コンボすると追加倍率が乗ってしまうため、
4コンボで止めて回復や盤面調整をしますが、
ある程度は数を消せないと回復を呼べません。

なので、できれば盤面に5個以上あるドロップを
重点的に繋げて消していくようにします。

して、ある程度スキル溜めができたら突破しますが、
次のフロアで先制攻撃が飛んでくるので
HPギリギリで倒さないように注意。

「B2」

ここは普通に殴って倒します。
盤面調整も特に必要ありません。

「B3」

動画内でサラッとパズルミスしてますが、
あのミスは正直洒落になってないですw

ドラゴンプラントが初回行動で
いきなり殴ってくることは割と少ないのですが、
殴られたら100%負けます。

なので必ずターン数の短いプラントをロックして、
必ず倒すようにしましょう。

が、次のフロアは先制でサブ全員バインド。
それをすぐに解除するために、このフロアを突破する際は
できる限り回復を残すようにしたいです。

ちなみに真ん中のマンドレイクは
HP30%以下でしてくる20,584が最大ダメージですので、
HPをそれ以上に保てれば普通に食らえます。

なので、食らえるHPなら多少コンボ数を落としてでも
回復を残したほうが、結果として安全です。

「B4」

理想はすぐにバインド回復して、普通に倒す。
ここは毎ターン盤面を汚されるので
回復を貯めようとしてもまず貯めさせてくれません。

最悪の場合は2ターン耐久して
次の3ターン目、倒さない程度に半分以上削る。

するとアルラウネがダメージ軽減と攻撃2倍してきますが、
その際にダメージ行動はありません。
そして行けそうなら次の4ターン目で頑張って倒す。

これができれば次のフロアで
調度バインドから回復しますし、
最悪仕留められなくてもキュアーでアルラウネが全回復。

そうなったら今度は全員で殴ればOK、
といった流れも想定していました。

「B5」

普段の6体PTであれば全員で殴るだけですが、
3体以下編成だと基本的に威嚇しないと
絶対に間に合いません。

逆に威嚇するとだいぶ余裕があるのですが、
ここはすぐに倒してしまわず、
ギリギリまで粘ってから倒すようにします。

闇メタたまドラのHPは「22」ですので、
余裕があれば殴った回数を数えておくと
調整失敗することがなくなって良いですね。

私は喋りながらカウントすることができず、
完全に感覚だけで殴ってましたw

「B6」

今回のPTにとって一番運要素が強いのはここ。
ケルベロスライダーの行動がランダムなのですが、
基本的に5ターン耐久して無効化が解除されるのを待ちます。

意識するのは常に自分のHPを高く保つようにすること、
肉を与えられた時は全力で回復を貯めること、
お邪魔ドロップを残さないようにすること。

ただし肉の後の攻撃が38,037なので、
HPがこれ以下だった場合は回復が最優先。
次のターンは盤面の運次第、です。

(動画内ではダメージが少なめですが、
ハクに潜在闇軽減が5個積まれているからです。)

無効化が解除された後、
前フロアでターン調整に成功していれば
調度威嚇が溜まりなおしていると思います。

そのまま倒してしまっても良いのですが、
肉後の大ダメージを食らった直後とかだと
次の先制を食らえるとこまで回復するのが大変。

なので、最悪の場合を想定して
威嚇を使えるようにしておくと、
余裕をもって自分のHP調整ができる、といった感じです。

「B7」

ここまで来たらもう変換、エンハを使って
頑張ってコンボして倒す、のみ。

しかし、セブンザードにたどり着くころには
神経をすり減らして疲れ切っている可能性があるので、
一旦 深呼吸したり、体を伸ばしたりしましょう。

ここで失敗すると何もかもが嫌になるので注意w

最後に

正直まったく楽ではありませんが、
樹海まで来るともうクリアするので手一杯・・・
もはやなりふり構ってられませんw

安定、を望むのはかなり難しいので、
伝説シリーズに関しては石回収ではなく、
どちらかと言えば挑戦の部類です。

なので、いつぞやも言ったと思いますが、
石回収が目的なら基本はスルーして良いかなっと。

今すぐにやるメリットはありませんので、
挑戦してみたい!という方以外は
一旦お忘れになったほうがよろしいかと思います。

おそらくその内もっと楽に攻略できるPTが見つかったり、
適したキャラが生まれたりすると思いますので、
回収ならそれからでも遅くはないでしょう。

といったところで今回はここまで。
それでは、また次回( ´ー`)ノ

最後までご覧いただきありがとうございました!

↓は記事更新の励みになる
私の「やる気スイッチ」です。

※1日1回ポチっていただければ、
画面の向こうで私がガッツポーズします。

↓よろしければ他の記事もご覧ください!

 

スポンサーリンク/ブログ内記事

 

タグ : 

テクニカルダンジョン 伝説の樹海(密林の旋龍)    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed