第33回チャレンジダンジョン 攻略

パズル&クロネス

【第33回】Lv.7~Lv.10を割と自由に攻略【チャレンジダンジョン】

読了までの目安時間:約 7分

 

 

実は前回のはサボってしまいましたw

「第33回チャレンジダンジョン」

今回はLv7、Lv8、Lv9、Lv10に行きますが、
Lv8は固定PTで覚醒オオクニヌシ、
一体しかいなくて覚醒は作れてないので楽しみです!

ということでさっそく行ってみましょう。

スポンサーリンク

Lv7「青おでんタマゾー」

01Lv.7出現モンスター第33回チャレンジダンジョン

02Lv.7-青おでんタマゾー-第33回チャレンジダンジョン

使い道を求めてレベル上げだけはしてある
青おでんタマゾーちゃん。

とりあえず驚いたのはHPの高さ、
そういえばHPに倍率がかかるのですね。

そして次に驚いたのが
火力の出しづらさ・・・w

剣心等を持っていないので、
普段あまり2色十字キャラを使うことがないのですが、
想像以上に難しいということに気付きました。

通常盤面でも最大3つ十字を作れますが、
パズル自体が物凄く難しい上に、
盤面のドロップ管理もだいぶシビア。

剣心のような超火力キャラであれば
十字は2つ組めれば何とかなったりしましたが、
青おでんタマゾーちゃんは甘くありません・・・!

2つだと単体数十万が良いところなので、
ここぞ!って時は十字を3つ作らないと
火力不足で返り討ちにあうこともしばしば。

今回、唯一これは便利だっと思えたのは

03Lv7-ボス戦-第33回チャレンジダンジョン

ボス戦でワンパンして根性発動、
HPを回復された後にスキルで削って根性解除、
といった流れくらいでしょうか・・・w

それと明らかに浮いているアナセレスは、
道中のヴァンパイアに先制99%ダメージを食らった後、
自力で復帰できなかったので入れました。

Lv.8(固定PT)「覚醒オオクニヌシ」

04Lv.8出現モンスター-第33回チャレンジダンジョン

05Lv8覚醒オオクニヌシ(固定PT)-第33回チャレンジダンジョン

最近の固定PTは懐かしさ重視で
一昔前の貧弱なPTが多かったのですが、
今回はどうした!?ってくらいPTが強いです。

ダンジョン内容は「リバティーガイスト降臨」そのものなのですが、
ここをクリアするための対策がしっかりしてあり、
パズルさえできれば詰まらないレベルの優しさ。

B1で受ける水の目覚め上書き用のゼローグ∞、
火力が心配な時、堅めなボスを削るためのオオクニ、
一番驚いたのはB5の像さん用の覚醒ハーデス

非常に失礼な発言ですが、
思いやりがありすぎてちょっと不気味ですw

それはさておき立ち回りですが、
パズル次第になってしまうので
パターン化するのは少々難しいです。

マルチならスキルを使い放題ですので、
B1からオオクニを使ってしまっても良いでしょう。

ソロはスキルを溜めなおしやすいのですが、
あまりのんびり溜めなおせるフロアは少ないので、
なるべくゼローグの目覚めを活かしてスキルを温存したいです。

ボスまでオオクニと変換を1枚、
残しておけると割と安心できるかなっと。

ただ、ここは抜けないとマズイという状況では、
躊躇うことなくスキルを使いましょう。

特にペルセポネに関しては
残しておいても盤面によっては使えないことがあるので、
盤面次第では道中でさっさと使ってしまうのも手。

(盤面次第=光、回復が多すぎない時)

Lv9(回復なし)「ドゥルガー」

06Lv.9出現モンスター-第33回チャレンジダンジョン

07Lv9-ドゥルガー-第33回チャレンジダンジョン

最近楽しくて仕方ないドゥルガーに、
できる限りパンドラを詰めました!

できればケルベロスライダージゼもパンドラにしたい、
というより一回して突入しましたが、
木属性がないことに気付きました。

闇/木のパンドラでないかなぁ・・・
なんて思いましたが、変換色的に無理ですよねw

ジゼには覚醒ハーデスを継承してあって、
予定ではシェロスパーダに食らう操作時間減少を上書きして、
さらにB4のクーフーリンでジゼを使う、つもりでした。

が、実際にはスキルブーストを数えておらず、
そもそもまったくターン数が足りていなくて
操作時間減少さんは最後までお供する事に。

PTが強いのでサラッとクリアしてはいますが、
今回のチャレダンで一番メンドウなのはここ、Lv9です。

回復生成キャラ複数、高回復力、
そしてラストの天狗を倒せるぐらいの火力、
これらを兼ね備えたPTは割と限られるでしょう。

Lv8の優しさが嘘のような設定ですね!

Lv10「アナティフォン」

08Lv.10出現モンスター-第33回チャレンジダンジョン

09Lv10-ティフォンアナ-第33回チャレンジダンジョン

ティフォンが1体しかいなかったので悩んでましたが、
冷静に考えたらティフォンをまったく使っていなかったので
今更ながら作ってみましたアナティフォン。

PTの後半は詰め合わせ感が半端じゃありませんが、
そこら辺はご愛嬌、ちなみにタマゾーバットマンはガチですw

ネタとかではなくウチのアナティフォンPTではスタメン確定、
さらに今回のLv10攻略では一番活躍したかもしれません。

B1で出現する厄介なライラ、
あれはもう遅延食らうのを許容してワンパンするものだと思いますが、
十字キャラは回復尽きたら詰む場面が多い。

そこでB1で遅延を食らう前にタマゾーの回復目覚めを
遅延された分が戻るまでの補助として使いました。

ないよりマシぐらいではありますが、
今回は想像以上に助けられた感がありました。

が、攻撃面に統一性がなく、
スキルも少し足りてない感じでしたので、
ボスのミルは洒落にならないくらい苦戦しました。

ヨミドラはまだしも・・・
闇カーリーを継承無しで使うのは厳しいです・・・w
(闇カーリー→闇カーリー継承)

これならタイプを無視して
パンドラとか入れたほうが良さそうですね。

最後に

今回のチャレダンは毎度のことではありますが
Lv9が一番シンドイと思います。

回復なしのダンジョンのB1が覚醒ハーデス、
その後も容赦なく先制攻撃される上に根性持ちの敵、
さらにラストはHP1800万の天狗。

あまりの嫌がらせに
初見プレイはさすがに変な笑いが出ました。

Lv10はライラが厄介なものの、
他は比較的やさしめな敵が多いので、
9と比べれば楽なほう・・・かもしれません。

むしろ絶対に難易度が逆、ですよねw

といったところで今回はここまで。
それでは、また次回( ´ー`)ノ

最後までご覧いただきありがとうございました!

↓は記事更新の励みになる
私の「やる気スイッチ」です。

※1日1回ポチっていただければ、
画面の向こうで私がガッツポーズします。

↓は私のyoutubeチャンネルです。
チャンネル登録していただけると泣くほど喜びます。

 

スポンサーリンク

 

タグ :   

チャレンジ系 チャレンジダンジョン!    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed