ヘリオス 火アテナ 闘技場1

パズル&クロネス

【闘技場1】ついに実装された火アテナ!その実力や如何に?【パズドラ】

読了までの目安時間:約 5分

 

 

まったく予期せぬ実装

「アテナ=ヘリオス」(火アテナ)

さっそく作って使用し、
性能をまとめていこうと思います!

はたして無課金王である闇アテナ、
あの化け物じみた性能に追いつけるのか?

スポンサーリンク

アテナ性能比較

ということで並べてみました!

火アテナは闇アテナと比べると
スキブが1つ少なくバインド耐性がない代わりに、
火ドロ強2つと回復/ドラゴンキラーが付きました。

それとHP倍率も消えてしまったのですが、
代わりに攻撃倍率が上昇し、
闇アテナ7倍、火アテナは9倍、LF合わせて81倍!

単体の話であればキラーも含めて、
火力に関しては火アテナちゃんの圧勝!

と、言いたいところですが状況にもよります。
何はともあれ、まずは実際に使ってみましょう!

闘技場1-アテナ=ヘリオス(動画)

【闘技場1】81倍!素敵なキラー!火アテナの試運転【パズドラ実況】

火アテナの利点と欠点

火アテナことアテナヘリオスの利点は
「お手軽 単体高火力」「活かしやすいキラー」
「ターン数の軽いスキル」
の3点。

LF81倍で2way3つ、この時点でも良い感じですが、
敵によってはキラーが刺さりますので、
闘技場の大半の敵は軽く消し去れます。

火の2wayを入れると火アテナの単体火力は
2コンボで200万を超えるので、
LF合わせたらアテナだけで400万越えのダメージに。

そこにプラスしてのダブルキラー、
回復/ドラゴンキラー、特にドラゴンは刺さる敵が多く、
キラーの中ではトップクラスで便利。

また、回復キラーは刺さる敵が少ないものの、
邪魔になる場面が少ないので、
キラーとしての人気度は低いけど優秀。

最後はアテナのスキル、
現時点ではピィ上げなので大変ですが、
レベルを上げきると最短「5ターン」になります。

これくらい軽いと継承しやすいので
PTの内容によって欲しいスキルを付けやすく、
元のスキルも操作時間減少を上書きできて便利。

ドロ強が必要な場面は少ないのですが、
追加効果とターン数は良いですね!

続いて火アテナの欠点ですが
「守りの覚醒スキル無し」「入手難易度が高い」
基本的にはこの2点。

1点目の覚醒スキルに関しては
色々な意味を含めているのですが、
まず大きい物として封印耐性が無い

バインドは仕方ないとしても、
リーダーキャラに封印耐性が無いと
サブの選択肢が少々せばまってしまいます。

また、これは守りではありませんが
相変わらず「操作時間延長が無い」ので、
意図的に増やさないと操作時間は短くなり気味。

持ち前のスキルでカバーできなくはないけど、
5ターンと短めとはいえ毎ターンの使用は不可、
出来たとしても変換や補助スキルを積んだほうが良い。

個人的に火、光どちらに染めるとしても
持っているなら「ユウナ」を入れてあげると
防御スキルと大量の指が付くので割とオススメ。
火力も出せますしね。

続いて入手難易度の話ですが、
これに関してはアテナの転生進化素材である
「古代の三神面」が問題です。

これの入手方法は今のところ
「一度きりチャレンジの類」「〇月クエスト」
コンプリート報酬になっています。

どちらも後半のダンジョンは難易度が高く、
誰でも簡単にクリアー!とはいきませんので、
手持ちよっては一番の難関になる可能性があります。

最後に

いいよぉ!アテナちゃんいいよぉ!!

これくらいの性能があれば
色々なところで遊ばせてくれそうなので、
個人的には大満足な性能であります。

闇アテナと比べるとHPとバインド対策で
少々無理が効かない場面は出てくるでしょうけど、
それはもう適材適所、場所によって使い分けるべし。

何でも「〇〇で行けばOK」は好ましくないので、
どんなに地味な差でも使用キャラの
選択肢が増えるのは喜ばしいことです。

(〇〇で行きたい!は別の話。頑張って!!)

しかし、ここで火アテナを出してきたということは…
あるか!?ワンチャンありえるか!?

水着アテナくるか!?

夏が楽しみやね…w

といったところで今回はここまで。
それでは、また次回( ´ー`)ノ

最後までご覧いただきありがとうございました!

↓は記事更新の励みになる
私の「やる気スイッチ」です。

※1日1回ポチっていただければ、
画面の向こうで私がガッツポーズします。

↓よろしければ他の記事もご覧ください!

 

スポンサーリンク/ブログ内記事

 

タグ : 

テクニカルダンジョン 極限の闘技場(双極の女神)    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: