闘技場3 ミツネX装備 ハンター♂ パズドラ

パズル&クロネス

【闘技場3】ミツネX装備(ハンター♂)は無課金キャラの性能じゃない!【試運転】

読了までの目安時間:約 5分

 

 

今回はキャラの特性的にマルチ!

「ミツネX装備」(ハンター♂)
試運転を闘技場3でして、
性能、使用感、利点や欠点をまとめていきます。

スポンサーリンク

ミツネX装備(ハンター♂)の性能

ミツネXはリーダーとして割と珍しく
「完全にマルチ専用」のキャラです。
(サブとして使うならその限りではない)

素材を集める手間はありますが、
それでもこれが無課金の配布キャラと思うと
破格の性能であると断言できます。

ちなみにミツネX装備のLS倍率は

  • 4コンボ→9倍(20.05)
  • 5コンボ→16倍(36)
  • 6コンボ→25倍(56.25)
  • 7コンボ→36倍(81)
  • 8コンボ→49倍(110.25)
  • 9コンボ→64倍(144)
  • 10コンボ→81倍(182.25)

※()内はマルチ時

このように可変式になっていて、
最大倍率を出すために10コンボ必要。

しかし、マルチなら8コンボの時点で
実質100倍を超えているため、
基本的には最大を出す必要のある場所は少ない。

サブのメンバー次第ではありますが、
性能が高ければ7コンボもあれば充分でしょう。

また、ミツネのLSには「縛りがない」ので、
自分の手持ちから自由にキャラを編成することができる。

よって、マルチであれば手持ちが不十分でも、
コンボできれば それなりに戦えるPTを作れる、
そういう意味での自由度は非常に高いです。

では、実際に使ってみることにしましょう。

プレイ動画(闘技場3-ミツネX装備)

【闘技場3】ミツネX装備の試運転~これが無料キャラ…?~【パズドラ実況】

カタログスペック通り、
おっそろしい火力を叩き出してくれますね…w

それでは続いてミツネX装備の
「利点と欠点」についてまとめます。

ミツネX装備の利点と欠点

利点としては性能紹介でも触れた通り、
「PT編成の自由度」「火力の高さ」です。

付け加えると高いのは火力だけではなく、
PT次第ではHPや回復力も異常に高い。

これだけの耐久力があれば
一昔前の敵の発狂攻撃なら
防御なしで受けきることも可能。

HPが高すぎるがゆえに
割合ダメージからの復帰が少々大変ですが、
決して不可能なレベルではなく、むしろ現実的なレベル。

火力、耐久力、PT編成の自由度、
この3点だけでも充分すぎる利点、です。

しかし、利点であると同時に
「欠点」になってしまう部分もあります。

まず、火力が高いというのは
ある程度コンボできることが前提なので、
パズル力次第ではハードルが上がります。

そしてミツネXは例えばクシナダと違って
オチコンがあるので一部の火力調整が大変、
というより運要素が絡んでしまいます。

また、鉄壁とも思える耐久力にも
致命的な欠点が一つあります。

それはミツネ本人に「バインド耐性がない」こと。

リーダーがパラメーターを上げるキャラの場合、
しっかりと対策しておかないと
バインド一発で詰んでしまうことがあります。

なので編成の自由度が高いとはいえ、
その中の1枠は半ば強制的に
バインド対策キャラを入れることになるでしょう。

後はマルチ前提のキャラですので、
「バッジ」を使うことができず、
操作時間の延長方法も考える必要があります。

特にボス戦、パズルをミスったら負ける!
といった状況の時、いかに安定してパズルを成功させるか、
その方法も考えないとですね。

と、このように、
火力はプレイヤー次第、耐久力は対策次第なので、
「無条件で強いわけではない」のです。

最後に

前提条件が多いので総合評価としては
一概に良いとも悪いとも言い難いのですが、
私個人としては「非常に良い」と思います。

ハンター♂の分岐で悩んでいるのであれば、
私ならミツネ1択だと言えるぐらいに。

仮にリーダーとして使えなくても、
5ターンで使えるコンボ加算スキルは、
今後を考えてあっても困るものではない。

もちろん他の分岐が弱いわけではないので、
自身のプレイスタイルや手持ちキャラを考え、
自分にとって欲しいキャラを選ぶべきです。

かなり手間はかかりますが、
最悪の場合は「退化させて作り直す」
ことも一応できます。

なので悩んだらとりあえず気になる分岐にして、
実際に使って改めて検討するのも良いでしょう。

といったところで今回はここまで。
それでは、また次回( ´ー`)ノ

最後までご覧いただきありがとうございました!

↓は記事更新の励みになる
私の「やる気スイッチ」です。

※1日1回ポチっていただければ、
画面の向こうで私がガッツポーズします。

↓よろしければ他の記事もご覧ください!

 

スポンサーリンク/ブログ内記事

 

タグ : 

テクニカルダンジョン 極限の闘技場3(双極の女神3)    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed