ティフォン 分岐究極 闘技場1 パズドラ

パズル&クロネス

【闘技場1】ティフォン(分岐究極)の試運転【パズドラ】

読了までの目安時間:約 5分

 

 

フェス限 分岐究極ラッシュ!

ということで今回は
「ティフォン」(分岐究極)の試運転。

今まで使われそうで使われない、
そんな立ち位置だったティフォンは
分岐して使われるようになるのか!?

スポンサーリンク

ティフォン性能比較

←が今回、→が前回のティフォン。

分岐究極なのでどっちが強い、
と一概に決めることは難しく、
どちらも一長一短あります。

攻撃覚醒に関しては以前と比べると
状況を選ばずに出せる2wayのみになりましたので、
どちらかと言えば使いやすくなりました。

逆に防御面に関しては
バインド耐性が消えてしまった分、
リーダーとしては少々脆くなった。

が、LSの倍率が大幅に上昇していて、
ダメージ軽減も付いていますので
リーダーで使うなら今回のティフォン。

以前のティフォンは回復ドロップを

  • 3個→2倍(4)
  • 4個→3.5倍(12.25)
  • 5個→5倍(25)
  • 6個→6.5倍(42.25)

ここにドラゴンタイプの倍率を加えると

  • 3個→2.7倍(7.29)
  • 4個→約4.7倍(約22)
  • 5個→6.75倍(45.56)
  • 6個→約8.7倍(約77)

数字が細かすぎて分かりづらい…!w

しかし、今回の分岐ティフォンは非常に分かりやすく、
回復ドロップを5個以上つなげると
「12.5倍」(156.25)です。

この攻撃倍率にプラスして
25%(43.75)のダメージ軽減が付きますので、
これを常に発動できるなら強い…と思う。

そこに関してはとりあえず
実際に使ってみてから判断するとしましょう。

プレイ動画(闘技場1-分岐ティフォン)

【闘技場1】分岐ティフォン~少ない手持ちで活かす!~【パズドラ実況】

分岐ティフォンの利点と欠点

今回の分岐ティフォンの利点は
「高火力」「回復力&軽減」と、
何気にバランスが良いのが一番の利点。

火力と軽減に関しては条件があるものの、
要所要所でしっかり発動できれば
かなり強力なキャラではあります。

ただ、火力に関しては2wayを組むと
ティフォンだけ異常に火力が出てしまうので、
サブと足並みを揃えるのは難しそうですね。

闇アテナを想像すると分かりやすいのですが、
問題はアチラよりも圧倒的に
サブの選択肢が狭い、という点。

分岐ティフォンの一番の欠点は
「PT編成難易度が異常に高い」
とにかくここが大問題。

他にも必要ドロップの確保など
細かい問題はあるのですが、
なんにせよPTが組めないことには始まらない。

動画内でも触れていますが、
ティフォンPTに入れたくなるようなキャラは
入手難易度、レア度が高いキャラばかりです。

なので極端な言い方をすると
大半の場合は妥協した編成にするしかなく、
ティフォンの性能を100%発揮することができない。

それでも今回使ったPTは
私の中でだいぶ画期的な編成なのですが、
正直なところ問題点は山積みです。

ですので単純に強い弱いの話であれば
ティフォンは強い!そう思えるのですが、
他がそれに付いてこれず、結果として活かせない。

良くも悪くも主人公っぽい…ですねw

最後に

そうそう、何気なく書きましたけど、
ティフォンってパズドラの主人公なんですって?

だったらソニアグランのスキル
「パズル&ドラゴンズ」
付けてあげれば良かったのにねw

それはさておき分岐ティフォン、
何とも高級志向なキャラではありますが、
性能としては悪くはないかなっと。

リーダーとしての運用が難しければ
闇アテナPTのサブに入れてあげても良いですし、
単純に継承用として置いといても良い。

使われること自体が滅多にないのですが、
回復込みの4色陣は種類が少ないので、
持っていて困るっということはないでしょう。

後は…もう少しサブの選択肢が
増えてくれると良いのですけどね~…w

といったところで今回はここまで。
それでは、また次回( ´ー`)ノ

最後までご覧いただきありがとうございました!

↓は記事更新の励みになる
私の「やる気スイッチ」です。

※1日1回ポチっていただければ、
画面の向こうで私がガッツポーズします。

↓よろしければ他の記事もご覧ください!

 

スポンサーリンク/ブログ内記事

 

タグ : 

テクニカルダンジョン 極限の闘技場(双極の女神)    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed