転生イシス 闘技場1 パズドラ

パズル&クロネス

【闘技場1】転生イシスの試運転【パズドラ】

読了までの目安時間:約 5分

 

 

少々タイミングが悪いのですが

今回は「転生イシス」の試運転です。

やることに追われてはいるものの、
こっちはこっちで進めないと…!
そんな感じでございます。

では、いつも通り実際に使用して、
利点や欠点をまとめていきます。

スポンサーリンク

イシスの性能比較

イシスは転生して変化したというより、
細かい部分が強化されました。

覚醒スキルに指追加、ステータスの上昇、
リーダースキルの上限アップに追加倍率の上昇。

性能としてはそれで良いのですが、
問題としては副属性が火になったという点。

今はキャラが増えているので
絶対にイシス!というワケではないのですが、
それでも「ラードラテンプレ」の方は少し困るかも。

定番のラードラPTの木、水属性埋めは
覚醒イシスが担っていましたので、
転生させてしまうとPT内容を変更することになります。

ラードラ使用者自体が減ってはいますが、
転生させる際は副属性の変化にだけ気を付けましょう。

ちなみにイシスの可変倍率は

  • 3色→3倍/9倍(56.25)
  • 4色→3.5倍/12.25倍(76.56)
  • 5色→4倍/16倍(100)

※()内はLF追加倍率込み

プレイ動画(闘技場1-転生イシス)

【闘技場1】転生イシスの試運転【パズドラ実況】

転生イシスの利点と欠点

転生イシスの利点は
「使い勝手の良さ」「PT編成の自由度の高さ」
ざっくり分けるとこの2点。

色々な意味を含んでいるのですが、
使い勝手の良さは例えばスキル、
3ターンおきにバインド回復2ターン+15%軽減。

効果としては低めですが回転率は良く、
自身のLSとの相性が良いし、
別のスキルの継承もしやすい。

PT編成の話に関しては
タイプ縛り等がありませんので、
とりあえずどんなキャラでも入れられる。

スキル使用時に5色消すだけで
100倍の火力を出すことができますので、
単純に使うだけであればお手軽です。

が、しかし…

利点とした部分に「色々な意味を含む」
そう書いた理由が欠点の話に繋がるのですが、
「使い勝手の良さ=強さではない」

PT編成の自由度が高いとはいえ、
今の時代はそれなりに火力も出せる必要があります。

それを考えた時、イシスは火力を伸ばすことが難しく、
そこを追求するとPT編成も非常に難しい。

覚醒イシスの頃のLSであれば
3色揃えれば最大倍率でしたが、
転生イシスは5色揃えて最大倍率。

3色と5色では倍近くの差があるので、
例えば水属性、列強化で染めるとしても
多色的な要素を捨てきることができない。

結果、強さ(火力)を追求すると
「PT編成が中途半端になりやすい」です。

単純にコンボ強化持ちを増やす、
一番手っ取り早い方法ではありますが、
どう足掻いてもイシスの覚醒スキルは活かせない。

特に「水列強化」が完全に空気なので、
これがバインド回復、またはコンボ強化だったなら、
少し考え方も違ったでしょうに…、

最後に

全体的なデザインは本当に若干の変化ですが、
その若干の変化でここまで美しくなれるのか…!

例えるなら「化粧前と化粧後」って感じw

と、それはさておき、
転生イシスに関しては良くも悪くも
無難な強化でしたね。

最前線で使おうと思ったら物足りないと思いますが、
以前と比べたら格段に性能アップしました。

元よりリーダーというよりは
使いやすいサブってイメージが強かったのですが、
今なら頑張れば一応リーダーで使えなくもない。

ガチガチに組むとリーダーは
「〇〇で良くね?」な感じになりそうですが、
強い弱いではなくリーダーになっていることに意味がある。

私としてはそんな風に思ったりします。

といったところで今回はここまで。
それでは、また次回( ´ー`)ノ

最後までご覧いただきありがとうございました!

↓は記事更新の励みになる
私の「やる気スイッチ」です。

※1日1回ポチっていただければ、
画面の向こうで私がガッツポーズします。

↓よろしければ他の記事もご覧ください!

 

スポンサーリンク/ブログ内記事

 

タグ : 

テクニカルダンジョン 極限の闘技場(双極の女神)    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed