極限の闘技場1 双極の女神 覚醒ペルセウス 使用感

パズル&クロネス

【闘技場1】覚醒ペルセウスの試運転/使用感【双極の女神】

読了までの目安時間:約 5分

 

 

今回の試運転キャラは・・・

「覚醒ペルセウス」です。

英雄神とんでも大改変シリーズ第2弾、
先日試運転したヤマトタケルと比べて
同じような内容ですが、微妙に違う点もあります。

何はともあれさっそく使ってみましょい!

スポンサーリンク

プレイ動画(闘技場1-覚醒ペルセウス)

【闘技場1】覚醒ペルセウスの試運転【パズドラ実況】

ペルセウス性能比較

比較と言っても、もはや変わらない部分を
探すほうが難しいレベルですねw

大幅に改変されたペルセウスは
他の一部英雄神と同様、列主体から2way主体に、
そしてLSも列から指定2色+回復十字。

最大倍率としては5倍(25)→9倍(81)、
こちらも大幅に強化されています。

しかし、残念ながら利点ばかりではなく、
以前と比べて劣ってしまった部分もあります。

まずは覚醒スキル、2wayやコンボ強化が付与された代わりに
指、封印耐性、スキブが減ってしまいました。

木属性は割とスキブ不足になりがちなので、
スキブ2個持ちは貴重でしたが・・・仕方なし。
封印は2個あると大抵オーバーするので1個でも良いかなっと。

それと副属性が闇になったことにより、
闘技場1だと属性吸収に引っかかりやすくなりました。

ある程度は回復十字倍率で調整して倒せますが、
それでもこれは若干痛い変更点でした。

逆に、シールドナイトくらいであれば、
木属性吸収を闇で倒せる可能性があるので、
一概にダメってワケではないのですけどねw

と、多少は失ったものもありますが、
それでも総合的に考えたら強化、だと思います。

転生ペルセウスを使用してみた感想

今回の進化で付与された十字防御のおかげで
回復ドロップがあれば防御面は安心。

ですが、攻撃するためにはプラスして
木と闇ドロップが必要になります。

なので最大倍率を出そうと思ったら
最低「11個」のドロップが必要になるため、
どうしても欠損問題が付きまとってきます。

攻撃色である木と闇はまだしも、
回復は5個必要なので木闇と比べて
圧倒的に欠損しやすいです。

なので個人的には回復を生成できるスキル
これに重点を置いてPT編成をしたほうが良いと思いました。

木闇は欠損しても十字で耐えれば良いけど、
回復欠損は防御を失ってしまうので
倒せないどころか倒されてしまう場合がある。

木闇はオチコンで来てくれる可能性があるけど、
回復十字がオチコンで来ることは無い、に等しいので、
そういう意味でも重要性が高いのは回復かなっと。

といってもLFが回復を作れるスキル持ちですので、
最悪はサブにヘイスト持ちのキャラを入れて
LFの回転率を上げる、とかでも良いと思います。

そして操作時間延長、これは本当に大事。
コンボ強化持ちのキャラですので、
間違いなく操作時間=火力に直結します。

それこそ最悪の場合は
ベースのスキルがペルセウスと無関係だったとしても、
継承前提で指を優先しても良いくらい。

例えばヒロインフェス限のロミア、
そのまま使うと回復を消してしまいますが、
デメリットを上回るくらいの指を確保できます。

結局、いくら強くても組めなければ意味がないので、
優先すべきは強いキャラよりも、
自分が戦いやすくなるキャラ

そうすればミスが減って、
結果として強さに繋がるのかなっと。

最後に

覚醒ペルセウス、だいぶ良い感じです。

木属性は自分の手持ちもありますが、
何かと優秀なキャラが多く、
PTを編成しやすいのですよね。

地味な問題としては重要な陣スキル、
木闇回復の3色陣は今のところ石田さんと、
入手困難なアーマードバットマンくらい。

なので石田さんがいないと
陣スキルを確保するのが少々大変かなっと。

タケルはウルド、アンドロメダはスクルドときて、
なぜペルセウスはヴェルダンディ、とならなかったのかw
木/火を避けた理由ってなんなのでしょうね?

ヴェルダンディなら比較的ガチャで出やすいから
PT編成するのがだいぶ楽になっただろうにw

といったところで今回はここまで。
それでは、また次回( ´ー`)ノ

最後までご覧いただきありがとうございました!

↓は記事更新の励みになる
私の「やる気スイッチ」です。

※1日1回ポチっていただければ、
画面の向こうで私がガッツポーズします。

↓よろしければ他の記事もご覧ください!

 

スポンサーリンク/ブログ内記事

 

タグ : 

テクニカルダンジョン 極限の闘技場(双極の女神)    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed