極限の闘技場1 坊屋春道 ガードブレイク 双極の女神

パズル&クロネス

【極限の闘技場1】坊屋春道-新覚醒「ガードブレイク」発動!【双極の女神】

読了までの目安時間:約 5分

 

 

食らえっ!メンチビーム!!

っということで今回はクローズコラボの
「坊屋春道」の試運転ですが、
一番の目的は新覚醒「ガードブレイク」です。

これはきっと場所によっては物凄く便利なはず!
さっそく試してみましょう。

スポンサーリンク

プレイ動画

【闘技場1】坊屋春道-新覚醒「ガードブレイク」発動!【極限の闘技場1】

使用してみた感想

とりあえず、エフェクトが良いですねw

シューティングで言うところの
ビットによる追加攻撃みたいな感じですが、
発動してるかどうかが非常に分かりやすい。

後は何か効果音があれば完璧ですが、
攻撃やらキラーやらとごっちゃになって、
ワケ分からなくなりそうですw

・・・いや、冷静に自分の動画を見てみたら、
これ効果音が無いのではなく、
キラーと同じ効果音なのか・・・w

っと、それはさておき、
ガードブレイクを使ってみた感想ですが、
大体想像通りで、やはりあると便利だと思いました。

今回はとくに高火力を出しづらいLF春道、
青おでんたまドラや絶メタなど、
地味に貫通しづらい敵が楽になるのは大きかったです。

メイメイに関しては動画内で補足を入れましたが、
改めてコチラでも軽く入れておきます。

覚醒メイメイの防御力は「約150万」
これにプラスして木、光、闇属性に関しては
「30%」の軽減があります。

ガードブレイクが発動した場合、
150万の防御力は無視することができますが、
軽減に対しては効果がありません。

なので、軽減対象の属性攻撃に関しては
キャラアイコン上のダメージ表記から
30%引かれたダメージがメイメイに入る。

といった感じだったのですが、
冷静に考えたらPTが火属性の時点で、
そんなややこしいこと考えなくても貫通できましたねw

ただ、この計算?に関しては
防御半減や防御0スキルでも同じですので、
一応覚えておいても良いかと思います。

(私は地味に疑問を感じてました)

後は当然といえば当然ですが、
「5属性同時攻撃」はあくまで攻撃した時の話ですので、
PTにその色がなければ消しても発動はしません。

また、居たとしてもバインドされていたり、
覚醒無効状態であった場合も発動できません。

そしてガードブレイクできるのは
覚醒を持っているキャラだけですので、
防御無視してもHP的に削りきれなければ倒せません。

例えばエイトドラゴン、
あれの水(アハトロス)のほうは防御888万に
HPが88万あるので、春道単体で抜くなら多少火力が必要。

これくらいなら倍率高めのリーダーのサブに
入れてあげれば問題なく撃破できると思いますが、
防御だけを見てるとつまづく可能性があるので注意。

といっても基本的に高防御の敵は低HPですので、
たまドラやピィ、ぷれドラ等を楽に抜けるのは便利ですね!

最後に

いやぁ~ガチャの内容は散々なものでしたが、
何とかこうして遊べそうなキャラが出てくれて良かった。

私の中で当たりかどうかはレア度や強さ以前に
持ってないキャラを引けるかどうかですので、
そういった意味では割とハズレでした・・・。

というか春道が出てくれなかったら、
自分のスマホにガードブレイク入れるとこでした。

それはさておき、
坊屋春道、ガードブレイク共に今後が楽しみですね!

春道はタイプ的に入れづらいPTが多いものの、
単体で見た時の性能は決して悪くはありませんので、
どこかしらで役に立つこともあるでしょう。

そしてガードブレイク、今後の新キャラや
既存のキャラ進化の時に追加されると思いますが、
これに関しては良し悪しって感じです。

ガードブレイクは確かに便利な覚醒です。
しかし、常に必要なスキルではありませんので、
場合によっては完全に死にスキルとなってしまいます。

新キャラに付く分には問題ありませんが、
既存の進化を期待しているタイプのキャラに、
変な付け方されたらちょっと嫌かなっとw

そんな不安は少なからずありはしますが、
どちらかと言えば楽しみですので、
明るい方向に期待して待つことにしましょう。

といったところで今回はここまで。
それでは、また次回( ´ー`)ノ

最後までご覧いただきありがとうございました!

↓は記事更新の励みになる
私の「やる気スイッチ」です。

※1日1回ポチっていただければ、
画面の向こうで私がガッツポーズします。

↓よろしければ他の記事もご覧ください!

 

スポンサーリンク/ブログ内記事

 

タグ : 

テクニカルダンジョン 極限の闘技場(双極の女神)    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed