エルメ=ク 闘技場1 パズドラ

パズル&クロネス

【闘技場1】エルメ=クの試運転【パズドラ】

読了までの目安時間:約 4分

 

 

今回はエルメシリーズのラスト

「エルメ=ク」の試運転。

「ド」「ラ」と試運転してきましたが、
正直今回が一番キツかったです…。

と、それはさておき、
使用感や利点、欠点等をまとめていきます。

スポンサーリンク

エルメ=クの性能

今回の「ク」は2way特化キャラ。
スキルも縦1列変換でway向けなのですが、
問題はLSのほうにあります。

細かい話は後程するとして、
まずは実際にプレイしてみましょう。

プレイ動画(闘技場1-エルメ=ク)

【闘技場1】エルメ=ク(way特化)の試運転【パズドラ実況】

エルメ=クの利点と欠点

エルメクの利点も「ド」「ラ」と同様、
特化された覚醒スキルなのですが、
汎用性としてはエルメクが一番高い。

2wayは非常に活かしやすく、
最近はコンボ強化に押されて目立たなくなりましたが、
今でも使いやすい部類の覚醒です。

また、攻撃力も2way3個持ちにしては
割と高めに設定されているので、
LSがそれなりに強ければ、そこそこ火力も出ます。

なのでサブとしては
割と遊べそうな感じではあるのですが、
リーダーとしては少々難があります。

(※→です)

さて、続いてエルメクの欠点ですが、
エルメ3姉妹の中で実質、
最も攻撃倍率が低い、という点。

これまでのエルメシリーズ、
「ド」はLS倍率が他より少し高め、
「ラ」は列強化がPT全体の火力を上げた。

しかし「ク」の特徴である2wayは、
自分自身の火力は上がるけど他には影響なし。
よって、サブに強力なキャラを入れないと完全に火力不足です。

さらに発動条件が水2コンボ、
水が6個必要ですので常に欠損しやすく、
盤面を調整しようにも耐久力が低い。

前回、前々回とは違い
バッジを回復に変えているので、
だいぶマシにはなりましたけどねw

この欠点に関してはエルメシリーズ共通で、
これまた同じく「育成の手間と難易度の高さ」
に関しても相変わらずです。

最後に

どうしてもエルメクをリーダー運用したいなら、
フレンドの候補として最近ならディアブロス、
あれなら盤面が広がって欠損対策にもなるので良い。

が、タイプが違いすぎる感があるので、
なるべく近いキャラを使いたければ
アマツマガツチが超強化版のエルメクって感じですw

ドラゴン縛りってなると、
やっぱりモンハンコラボのキャラは強いですね!

ちなみにエルメクをサブで使うなら、
実のところそこまで文句もなかったりします。

利点まとめのところで書いた通り、
2way特化の性能は割と使いやすく、
特にコンボ系のPTなら無理もないでしょう。

後日、このエルメクをPTのサブに入れて
実際に使って動画にもしますので、
よろしければそちらもご覧ください。

といったところで今回はここまで。
それでは、また次回( ´ー`)ノ

最後までご覧いただきありがとうございました!

↓は記事更新の励みになる
私の「やる気スイッチ」です。

※1日1回ポチっていただければ、
画面の向こうで私がガッツポーズします。

↓よろしければ他の記事もご覧ください!

 

スポンサーリンク/ブログ内記事

 

タグ : 

テクニカルダンジョン 極限の闘技場(双極の女神)    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed