転生アレス 闘技場1 パズドラ

パズル&クロネス

【闘技場1】転生アレスの試運転【パズドラ】

読了までの目安時間:約 4分

 

 

だいぶ進化が遅れちゃったシリーズ

今回は「転生アレス」の試運転。

ギリシャ神の中では一番最後になりましたが、
やっと進化してくれたようですので、
さっそく使ってみましょう!

スポンサーリンク

アレス性能比較

アレスが転生して変わった点は
「操作時間延長」「攻撃倍率上昇」
後は細かくステータスや属性、タイプ追加等。

他のギリシャ神シリーズと同じ感じですね。

細かい話は置いといて、
まずは実際に使ってみることにしましょう。

プレイ動画(闘技場1-転生アレス)

【闘技場1】転生アレスの試運転【パズドラ実況】

転生アレスの利点と欠点

転生アレスの利点は
「サブが豊富」「意外と力持ち」「高HP」
リーダーとしてならこの3点。

火属性以外の縛りがありませんし、
本人自体が優秀な変換を持っているので、
割とサブは選び放題です。

弱点を補うも良し、火力を増強するも良し、
手持ちから自由に選べるというのは悪くない。

それとLF合わせて攻撃倍率49倍、
これは正直なとこ今の時代だとかなり低いです。

が、火力補助スキルは一応揃ってますし、
サブにしっかり火力を出せるキャラを入れると
意外に安定した火力が出たり。

最近の超高HPの敵はどうしようもありませんが、
少し前の敵なら盤面だけでサクサク倒せるので
闘技場くらいなら使いやすいほうです。

後はHPに倍率がかかりますので、
PT全体のHPは非常に高くなるので、
高ダメージ先制が怖くないってのも良いですね。

続いて転生アレスの欠点ですが
「回復面に不安あり」「バインド対策なし」
「副属性から必要な木が消えた」
の3点。

回復面はサブである程度上げられはしますが、
それでも倍率がないので限度があります。
基本的には低い、です。

それとこれはお馴染みのバインド耐性、
HPにのみ倍率のかかるキャラは
バインドされてしまうと耐久力がなくなります。

バインド対策をするのは勿論ですが、
それでも予期せぬ事故と、
毒などの割合ダメージに弱い。

最後は副属性の話ですが、
これは他のギリシャシリーズも共通で、
LS発動に必要な色が消えるのは痛い。

今回の私が良い例ですが、
PTに木属性を入れなければならないのと、
その木属性が潰されると倍率が出せなくなる。

なのでリーダーのアレスだけではなく、
サブの木属性も守らなければならないので、
細かいところで気を使います。

ここに関しては欠点というよりも
単純に「不便」ってとこですね。

最後に

昔、特にシヴァドラを使っていた頃は
散々使いまくった記憶があるのですが、
そういえば最近あまり使ってないような?

継承のシステムが実装されてからというもの、
ギリシャ神はどちらかといえば
縁の下の力持ちってなノリで継承することが多い。

なので何となく使っている、
というイメージが薄れているのかもしれませんね。

正直進化の内容は地味ではありますが、
それでもスキルは相変わらず便利で強力なので、
今後もサブや継承で役に立ってくれるでしょう!

といったところで今回はここまで。
それでは、また次回( ´ー`)ノ

最後までご覧いただきありがとうございました!

↓は記事更新の励みになる
私の「やる気スイッチ」です。

※1日1回ポチっていただければ、
画面の向こうで私がガッツポーズします。

↓よろしければ他の記事もご覧ください!

 

スポンサーリンク/ブログ内記事

 

タグ : 

テクニカルダンジョン 極限の闘技場(双極の女神)    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: