分岐 赤ソニア 闘技場1 パズドラ

パズル&クロネス

【闘技場1】分岐究極 赤ソニアを赤おでんと組ませて試運転【パズドラ】

読了までの目安時間:約 5分

 

 

先日より再開された試運転シリーズ

本日は「分岐究極 赤ソニア」です。

普段はLFを合わせているのですが、
今回は相方を赤おでんにしました!

しかし、いつもの利点欠点まとめに関しては
従来通り赤ソニア単体のものになります。

スポンサーリンク

赤ソニア性能比較

分岐究極した赤ソニアですが、
基本的には強化されたと思って良いです。

マイナス面は副属性と指が無くなったぐらいで、
コンボ強化で火力が上がり、バインド無効化が付き、
地味にHP上昇もなかなかのもの。

後はめちゃくちゃ色っぺぇ。

と、それはさておき、
LSのほうは強化というよりは変化、
旧ソニアは回復倍率でしたが、新ソニアはHP倍率。

また、タイプ指定もドラゴン悪魔から
ドラゴン体力へと変化、更に攻撃倍率も
3.75倍(14)→7倍(49)と大幅に増加しました。

ちなみに可変倍率に関してですが火ドロップ

  • 4個→2倍(4/16)
  • 5個→2.5倍(5/25)
  • 6個→3倍(6/36)
  • 7個→3.5倍(7/49)

()内はタイプ倍率込み「片方/LF」の数値

といった感じなのですが、
今回の試運転は赤ソニア×赤おでんですので、
倍率は細かく微妙に変わります。

火力に関しては百聞は一見に如かず、
ということで実際に使ってみます!

プレイ動画(闘技場1-分岐 赤ソニア)

【闘技場1】分岐赤ソニアを赤おでんと組ませて試運転【パズドラ実況】

分岐 赤ソニアの利点と欠点

分岐 赤ソニアの一番大きい利点は
「バインド耐性」です。

リーダー目線で考えた時に
HP倍率のかかるキャラは
バインド耐性が付いていると安心感があります。

更に、バインド列回復も持っているので、
サブがバインドされてしまっても
回復さえあれば解除してあげられるのも素晴らしい。

それと「タイプ縛り」に関してなのですが、
ドラゴンor体力タイプは火属性だと
非常に強力なキャラが多い。

なので今回のPTを組む時、
とくに悩むことなくスムーズに編成できました。

また、この性能はサブとして優秀ですので、
上手くいけば直入れすることが
出来るかもしれませんね!

しかし、当然ながら欠点もいくつかあって、
一番は覚醒面で「封印耐性と指がない」という点。

今回の赤ソニアは列+コンボ強化キャラですので、
列を組みながら7コンボを目指す上で
指が少なくなるのは少々痛い。

封印に関してもLF無しだと
サブに必ず2つ持ちを入れる必要があるので、
それに該当するキャラがいないと厳しいですね。
(今回で言えば転生フレイ)

そしてこれに関しては赤ソニアではなく
列PTの欠点の一つなのですが、
最近広まりつつある追加攻撃覚醒。

あれは回復を縦一列で組む関係上、
列PTで使用するのは非常に困難です。

なので根性持ちには従来通りの対応が必要、
これは最近だと若干の欠点になるのかなっと。

最後に

今回は珍しく違う組み合わせで使いましたが、
赤おでんは個人的にオススメです。

変換が1枚減ってしまう代わりに
回復力が上がって、列の火力も少し上がります。

他にも細かい対応力が下がるものの
ブリーチコラボの山本や覚醒曹操など、
色々とお友達候補がいますねw

して、今回の分岐 赤ソニアに関しては
何かこだわりや事情がない限り、
基本的には今回の分岐にして良いと思います。

継承することを考えた時も
HPが高い今回のほうがアシストボーナスも高いので、
色々な意味で今回の赤ソニアが良い。

そしてこれは人それぞれな部分ですが、
個人的に今回のソニアのほうが
色っぺぇので好きです、はい。
(以前の赤ソニアは凛々しい)

といったところで今回はここまで。
それでは、また次回( ´ー`)ノ

最後までご覧いただきありがとうございました!

↓は記事更新の励みになる
私の「やる気スイッチ」です。

※1日1回ポチっていただければ、
画面の向こうで私がガッツポーズします。

↓よろしければ他の記事もご覧ください!

 

スポンサーリンク/ブログ内記事

 

タグ : 

テクニカルダンジョン 極限の闘技場(双極の女神)    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: